▷ガラス/金属/石 glass metal stone

マイページへ買物カゴを確認する

gm-6



書籍:安田侃 野外彫刻展
   KAN YASUDA Sculptures at the Teien
ART DIRECTION:小島良平
DESIGN:小島良平+神戸陸
発行:タック有限会社
発行日:2001年 サイズ:30 x 22.6 x 0.8cm
頁:P.99 状態:AA 良好
価格:2000円

2001年4月〜2002年3月に東京都庭園美術館で開催された「日本におけるイタリア2001年」のイベントのひとつである「安田侃 野外彫刻展」の図録。イタリアに居を構えて活動した安田侃の作品集となっており、北海道、東京、直島、ミラノ、マンチェスター、シドニーなど世界各地にある作品の美しい写真がカラーとモノクロで掲載されている。イサムノグチ、ブルーノムナーリも文をよせる。

gm-5

書籍:インド古代彫刻展
   Ancient Sculptures of India
編集:東京国立博物館/京都国立博物館
発行/制作:日本経済新聞社
発行日:1984年
サイズ:25 x 21.5 x 1.5cm
状態:AA 良好
価格:3000円

1984年に東京と京都の国立博物館にて開催されたインド古代彫刻展の図録。紀元前3世紀から紀元13世紀頃までのインド彫刻の名作74点がモノクロとカラー写真にて紹介される。巻頭にインド略年表と地図、インドの仏教美術やヒンドゥー教彫刻の解説。巻末には日本語の作品解説と英語表記の作品リストがあり、読み応えのある内容。

gm-4



書籍:古代バクトリア遺宝
   Treasures of Ancient Bactria
編集/発行:MIHO MUSEUM
発行日:2002年7月20日
サイズ:29.5×22.5×2cm
頁:P.253
状態:AA 良好 表紙と裏表紙が黒いので細かいスレが見えるがそれ以外は状態良し。

MIHO MUSEUMで開催された「古代バクトリア遺宝 Treasures of Ancient Bactria 開館5周年記念」のカタログ。バクトリアは巨大なアケメネス帝国を構成する一地域であり現在のアフガニスタン、タジキスタン南部及びウズベキスタン南部の辺り。紀元前630〜541年に歴史は溯り、「麗しきバクディ、戦旗を高く掲げた国」と、バクトリアについて書かれた記述が残る。エジプト、ギリシャ、東方世界の文化が交差し、開花する。奉納板、鉢、像、硬貨、装飾品等のカラー図版215点。日英表記。

gm-3

書籍:マックス・エルンスト彫刻展
編集:現代彫刻センター
発行:読売新聞社/現代彫刻センター
発行日:1994年
サイズ:28 x 22.5 x 0.5cm
頁:P.42
状態:AA 良好
価格:3000円

1994年に現代彫刻センターにて開催されたMax ERNSTの彫刻展図録。ダダイスト、シュールレアリストとして、絵画を軸に、コラージュ、彫刻など幅広く制作したが、彫刻はエルンストにとって、重要な補完的な機能をもっていた。すなわち、絵画で行き詰まると彫刻を制作することによって、脱出口を見つけていった。本書には17点のブロンズ作品画像と2点の絵画とアッサンブラージュ作品写真も収録されている。

gm-2

書籍:ヘンリー・ムーア展
編集:セゾン美術館
発行:セゾン美術館
発行日:1992年
サイズ:30 x 22.5 x 1.5cm
頁:P.199
状態:AA 良好


イギリスが生んだ20世紀最大の彫刻家の一人、ヘンリー・ムーア。1992〜1993年にセゾン美術館、北九州市立美術館、広島市立現代美術館、大分県立芸術会館を巡回したHENRY MOORE Intimeー自作と収集品にみる創造の原風景ー展の図録。数々のドローイング、マケットやムーアが生前集めた古代美術や貝や石などが置かれている自宅の写真も収録し、芸術家の創造プロセスを追う。「完璧な彫刻的表現とは、空間的に完全に充実したフォルムである。彫刻家が自分の用いる素材を理解し、その可能性と有機的な構造を熟知したとき、はじめてその限界を超えて、生気のない塊に換えて、構成要素の間のダイナミックな緊張を保ちつづけている構成を置くことができるのである。」ムーアの言葉より。

gm-1

書籍:ベルギー・ガラス展
    ワロニアガラス魅力のすべて
発行:産経新聞社
発行日:2001年
サイズ:25 x 18.7 x 0.8cm
頁:P.89
状態:AA 良好
価格:3500円

   

2001年に日本橋三越と三越大阪店を巡回した「ベルギー・ガラス展 L'aventure du Cristal et du Verre en Wallonie」のカタログ。
19〜20世紀初頭のアール・ヌーボー、アール・デコのベルギー作家の作品が中心。ベルギー工芸ガラスの代表的な産地で生産社でもあるヴァル・サン・ランヴェールの作品、シャルルロワ・ガラス美術館やリエージュ古代・装飾美術館の所蔵品から63点のカラー写真を収録。ガラスの歴史、ベルギーと日本の関係の解説付。僅かに頁周りに焼け有ながらも美本。

       

->戻る

(C) SHINARTBOOKS All rights reserved